西湘動物病院(神奈川県中郡二宮町の動物病院)

24時間受付中!簡単ネット予約 大事なお知らせ
診療案内

診療案内medical care

来院時のお願い

  • ご来院の際には必ず動物をリードにつなぐかキャリーやケージに入れるなどして、万が一のトラブル防止にご協力ください。
  • 当院では犬用待ち合いスペース(受付向かって右側)と猫用待ち合いスペース(受付向かって左側奥)を分離しています。まずは入口正面の受付カウンターにお声かけください。
  • 当院では「時間帯予約制」を導入しております。インターネット予約が可能ですのでぜひご利用ください(お電話での予約は承っておりませんのでご注意ください)。完全予約制ではありませんので、ご予約されていない方(予約枠に空きが無く予約が取れない場合も含む)も診察は可能です。その場合、通常どおり直接ご来院ください。※新型コロナウイルス流行化において全ての診療を「完全予約制」とさせて頂いております。ご来院の前に必ずネット予約またはお電話にてご相談ください
  • ウサギの診察は例外的に、事前にお電話を頂いての完全予約制としています(インターネット予約には対応しておりませんのでご注意ください)。診察可能な時間にも制限があります(専門スタッフで対応する関係上、原則として午前中のみ診察)ので、一度お電話でご確認ください。
  • 原則として予約順もしくは受付順に診察室へお呼びしますが、緊急性や診察内容に応じて、診察の順序が前後する場合がございますことを予めご了承ください。
  • 休診日や夜間など通常診療時間以外の診察をご希望の際には、まず一度お電話ください。
  • 初診時にはワクチン証明書など予防履歴がわかるもの、セカンドオピニオンや他院からの転院の場合には、服用中の薬や検査結果などのご持参をお願いいたします。
  • 初診の方はカルテ作成に時間がかかるため通常の受付終了時間の30分前(午前は11:30、午後は18:30)までにご来院ください。
  • ペット保険にご加入されている場合は、受付時に保険証をご提出ください。

診療内容

診療対象動物

犬・猫・ウサギ・フェレット(※1)・モルモット・ハムスターなど
※その他の動物の診察をご希望の際には、まず一度お電話にてご相談ください。
※1 スーパーフェレット(去勢避妊手術および臭腺切除手術の実施済み個体)に限ります。

キャットフレンドリークリニック

国際猫医学会(ISFM)認定のキャットフレンドリークリニックゴールドレベル準拠(申請予定)。
猫医療に必要十分な技術と設備を兼ね備えた、猫ちゃんにやさしい病院です。

時間外診療について

夜間などの休診時間および休診日に診察を希望される場合は、まずお電話ください。可能な限り対応いたします。
原則として獣医師一人での診察・処置となりますため、状況に応じて改めて夜間専門病院への移送などを行う場合がございますことを予めご了承ください。
当院は夜間救急動物医療センター(平塚市)会員病院ですので、スムーズできめ細かな連携が可能です。(料金面でも優遇されます)

診療科目

  • 一般内科
  • 腫瘍科
  • 皮膚科
  • 耳鼻科
  • 神経科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 消化器科
  • 泌尿器科
  • 生殖器科
  • 産科
  • 眼科
  • 歯科
  • 内分泌科
  • 血液科
  • 免疫科
  • 行動治療科
  • 一般外科
  • 神経外科
  • 整形外科
  • 予防医療(ワクチン接種・健康診断等)
  • セカンドオピニオン
  • 夜間救急
  • など全科診療

当院で可能な特殊内科治療

  • 化学療法(抗がん剤治療)
  • 分子標的治療
  • がん緩和療法(緩和治療)
  • アトピー減感作療法
  • 舌下減感作療法(SLIT)
  • 薬浴(シャンプー療法)
  • スキンケア治療
  • ネブライザー治療
  • 輸血療法
  • など

当院で可能な主な検査(外注検査含む)

  • 血液検査
  • フィラリア検査
  • 猫エイズ検査
  • 猫白血病検査
  • 血液型検査
  • 糞便検査
  • 尿検査
  • レントゲン検査
  • 造影検査(消化管バリウム造影・尿路造影・脊髄造影ほか)
  • 脳脊髄液検査
  • 関節液検査
  • 細胞診検査
  • 骨髄検査
  • 皮膚科学的検査
  • 除去食試験
  • 皮膚生検
  • 神経学的検査
  • 整形外科学的検査
  • 超音波検査(腹部臓器・心臓・妊娠鑑定ほか)
  • 心電図検査
  • 血圧測定
  • 内視鏡検査
  • 眼科検査(眼底検査・眼圧測定ほか)
  • アレルギー検査
  • 抗体価検査
  • 狂犬病抗体価検査
  • ホルモン検査
  • 薬物濃度検査
  • 遺伝子検査(PCR検査)
  • 細菌培養検査
  • 真菌培養検査
  • 病理検査
  • 病理解剖
  • など

対応できない主な検査(二次診療施設をご紹介)

  • CT検査
  • MRI検査
  • 脳波検査
  • 超大型犬の画像診断
  • など

診療料金

診察
初診料 1,500円
再診料 500円
ウサギ初診料 3,000円
ウサギ再診料 1,000円
セカンドオピニオン料 3,000円~
時間外診察料 2,000~12,000円
獣医師指名料 1,000円
食事指導料(院外購入処方食) 500円
保険文書料 1,500円
処置
注射料 1,000円~
爪切り 500~1,000円
肛門嚢絞り 500~1,000円
耳洗浄(片耳) 500~1,500円
入院料(1日) 3,000円~
大型犬入院料(1日) 5,000円~
ICU使用料(1日) 1,000円~
静脈点滴料(1日) 3,000円~
予防注射
狂犬病予防接種(手続き別途) 3,100円
犬5種混合ワクチン 6,000円
犬7種混合ワクチン 8,000円
犬2種混合ワクチン 4,000円
犬3種抗体検査(採血料込) 5,000円
猫3種混合ワクチン 4,000円
猫5種混合ワクチン 6,000円
フェレット2種混合ワクチン 4,000円
検査
糞便検査 500円~
尿検査 800円~
皮膚科学的検査 1,000円~
採血料 1,000円
血液化学検査1項目 500円~
血球計算 2,000円~
一般血液検査セット 6,000円~
レントゲン検査 3,000円~
超音波検査 2,000~7,500円
手術   ※別途、術前検査をお勧めしております
猫去勢手術(総額) 14,500円
猫避妊手術(総額) 19,500円
犬去勢手術(総額) 19,500円~
犬避妊手術(総額) 24,500円~
ウサギ去勢手術(総額) 29,500円~
ウサギ避妊手術(総額) 34,500円~
猫歯石除去(総額) 19,500円
犬歯石除去(総額) 23,500円~

※価格表示は税抜きです

お支払いについて

・現金でのお支払いのほか各種クレジットカード(分割可)や電子マネーに対応しています。

  • VISA
  • JCB
  • マスターカード
  • アメックス
  • ダイナーズ
  • ディスカバー

その他

・大手ペット保険(アニコム・アイペット)の窓口精算に対応しています。

・ペッツファースト診療チケットに対応しています。

入院・手術

  • 入院舎は犬用と猫用それぞれ別に用意され(その他の動物の入院も可能です)、冷暖房を完備しています。
  • 院内感染対策として、個室ケージの使用、消毒の徹底のほか、伝染病患者等に用いる隔離入院舎も用意しています。
  • 手術は主に気道確保と各種モニタリングのもと安全度の高い吸入麻酔下にて細心の注意を払って行います。
  • ウサギやフェレットの全身麻酔についても原則として気管挿管による気道確保のもとで実施しています。
  • 痛みを口に出せない動物だからこそ、手術時だけでなく術前術後の疼痛管理を積極的に実施します。
  • 術後や重症患者についてはICU(集中治療ケージ)にて温度・湿度・酸素濃度の徹底管理が可能です。
  • 重症患者は夜を徹して看護します。それ以外でも、ネットワークカメラにて24時間の遠隔看視が可能です。
  • 診察時間内であれば何度でも面会可能です。(面会が病状を悪化させる状況では面会をご遠慮いただく場合がございます)

当院で可能な主な手術

  • 去勢手術・避妊手術(犬、猫、ウサギ)
  • 歯科処置(抜歯、歯石除去、犬歯矯正ほか)
  • ウサギの臼歯処置
  • 内視鏡下異物摘出
  • 胃ろうチューブ設置術
  • 食道チューブ設置術
  • 咽頭チューブ設置術
  • 胸腔チューブ設置術
  • 臍ヘルニア整復術
  • 鼠経ヘルニア整復術
  • 会陰ヘルニア整復術
  • 横隔膜ヘルニア整復術
  • 椎間板ヘルニア手術(胸腰椎・頚椎)
  • 乳腺腫瘍切除術(乳腺全摘ほか)
  • 体表腫瘍切除術(肥満細胞腫・軟部組織肉腫ほか)
  • 体表腫瘤凍結手術(凍結外科)
  • 皮膚移植手術
  • 垂直耳道切除術
  • 全耳道切除術
  • 結膜フラップ術
  • 瞬膜フラップ術
  • 眼球摘出術
  • 義眼挿入術
  • 口鼻瘻管整復術
  • 口蓋裂整復術
  • 上顎部分切除術
  • 下顎部分切除術
  • 消化管切開術
  • 消化管切除吻合術
  • 胃部分切除術
  • 胃捻転整復術
  • 直腸引き抜き術(プルスルー)
  • 膀胱結石摘出術
  • 膀胱部分切除術
  • 尿管切開術
  • 尿管ステント設置術
  • 腎ろう設置術
  • 腎臓摘出術
  • 会陰尿道ろう設置術
  • 前立腺膿瘍大網挿入術
  • 卵巣子宮切除術
  • 肝葉切除術
  • 胆嚢切除術
  • 門脈シャント閉鎖手術
  • 甲状腺切除術
  • 上皮小体切除術
  • 脾臓摘出術
  • 過長軟口蓋切除術
  • 鼻咽頭ポリープ切除術
  • 永久気管開口術
  • 肺葉切除術
  • 胸腺腫切除術
  • 漏斗胸矯正術
  • 心膜切除術
  • 動脈管開存症閉鎖手術
  • 膝蓋骨脱臼整復術
  • 大腿骨頭切除術
  • 前十字靭帯断裂修復手術
  • 骨折整復手術
  • 断脚術
  • 断尾術
  • など

当院で実施していない主な手術(二次診療施設をご紹介)

  • 脳腫瘍摘出術
  • 脊椎椎体固定術
  • 白内障手術
  • 緑内障手術
  • 歯内治療
  • 開心術(僧帽弁形成術等)
  • 関節内骨折整復手術
  • 大型犬の骨折整復手術
  • 脛骨高平部骨切り術(TPLO)
  • 股関節全置換術
  • 腹腔鏡手術
  • など

ペットホテル

ペットメディカルホテルについて

  • ペットメディカルホテルは完全予約制です。予めお電話にてご相談ください。
  • あくまでかかりつけの患者様に対するサービスの一環として、可能な限り対応するものです。ケージの空き状況やスタッフのシフト状況などから、お断りせざるを得ない場合がありますことを予めご了承ください。
  • 高齢動物や持病のある動物、特殊な看護・介護が必要な動物など、通常のペットホテルでは対応しきれないケースも、動物病院の特性を活かしたメディカルホテルならお預かりが可能かもしれません。一度ご相談ください。
  • もちろん急用やご旅行などに伴う通常のご宿泊についてもご相談ください。
  • 獣医師ならびに動物看護師による毎日の健康管理および適切な衛生環境と消毒下のもと、入院舎の完全個別ケージにてお預かりします。
  • 原則として朝晩1日2回の食事のご用意と、適宜トイレのお世話、犬については1日2回短時間のお散歩を行います。その他お預かり中にご希望の処置等がありましたらご相談ください。
  • 食事については、原則として、ふだん食べ慣れているフードのご持参をお願いしております。お持ち込みのない場合には、院内で適切と思われるフードをご用意させて頂きますが(無料)、長期間のお預かりの場合には別途フードの買い取り料金が発生することがございます。
  • 院内感染対策として、混合ワクチン接種(抗体検査での代替不可)、狂犬病予防注射、ノミ・マダニ予防を、お預かりの条件とさせていただいております。また、お預かり中に糞便検査(無料)を実施させて頂きます。
  • 大事なご家族をお預かりするうえで、ホテル来院時もしくは事前に獣医師による身体検査(無料)を行います。特に初めてのホテルご利用の際には必ず事前に一度ご来院いただきます。
  • お預かり中に体調の変化が生じた場合には、原則として獣医師から連絡のうえ治療を行うことがございます(軽症の場合は無料)。緊急と判断された際には事後報告となる可能性があることをご了承ください。
  • ケージ内での排泄はできるだけ速やかに対応しておりますが、ひどく身体を汚してしまった場合には部分シャンプーを実施させて頂きます(原則無料)。あまりにもトイレのしつけがなされていないと判断される場合には、本人のストレス等も考慮してホテルをお断りすることがございます。
  • 無駄吠えが多い動物のホテルについては、他の入院動物へのストレスかつ近隣への迷惑となる場合があるため原則としてお断りいたします。
  • 重度の攻撃性のある動物のホテルについては、スタッフや他の入院動物の安全確保のため原則としてお断りいたします。
  • 入院ケージにてお預かりいたします都合上、あいにく超大型犬には対応しておりません。
  • ウサギのホテルはストレスの悪影響を考慮してお勧めしておりませんが、どうしても必要な場合はご相談ください。

チェックイン・チェックアウトの時間

日・祝
9:00~
12:00
×
12:00~
16:00
× × × × × × ×
16:00~
19:00
× ×
  • ◯:チェックイン・チェックアウトできます。
  • ×:チェックイン・チェックアウトできません。

宿泊料金

猫・小型犬(~10kg) 4,800円/泊
中型犬(~20kg) 5,800円/泊
大型犬(~40kg) 7,800円/泊
デイユース(日帰り) それぞれ一泊料金の半額

※価格表示は税抜きです

予防医療

  • 混合ワクチン接種は、1年~3年間隔で、犬は5種または7種、猫は3種または5種、ひとりひとりの状況に応じて、場合により抗体検査の結果に基づき最適なプランを提案します。
  • 狂犬病の集合注射が苦手な子には院内での接種が可能です。
  • 犬のフィラリア予防は5月から12月の投薬をお勧めしています。安全な投薬のため毎年のフィラリア検査を必ずお願いしています。毎月投与の錠剤やチュアブル、スポット剤のほか、年1回接種の注射製剤も取り扱っています。猫のフィラリア予防をご希望の方もご相談ください。
  • お外に散歩に出る犬や猫に対しては、消化管内寄生虫の定期駆虫をお勧めしています。ノミ・マダニの予防は、近年のマダニ媒介性SFTSウイルス感染症の拡大を鑑み、原則として通年予防をお勧めしています。
  • フェレットのワクチン接種やフィラリア予防には犬や猫の製剤を使用しています。
  • 各種検査や処置が割安となる健康診断プログラムや会員制度をご用意しています。家族の一員の健康と長寿のために、ぜひ病気になってしまう前にご検討ください。

処方食

  • 当院の処方食料金には全て回数無制限の食事指導料が含まれております。
  • 逆に当院以外で購入されたフードに関するご相談や獣医療上の指示については食事指導料をご請求させて頂いております。
  • 在庫スペースの関係上、一部の常備処方食を除いて、原則としてご注文を受けてからの発注となります。納品次第ご連絡差し上げますので、お受け取りにご来院ください。ストックに余裕をもったご注文をお願いいたします。
  • 処方食の内容によっては、フードメーカー各社の直販システムをお勧めする場合がございます。処方食を用いた体調管理には獣医師による継続状況の把握が必要不可欠です。いずれのシステムも獣医師の処方と管理のもとでのみ利用可能となるため安心してご利用いただけます。当院の指示のもと直販システムを通じてご購入された処方食に関しては食事指導料は頂きません。

主な取り扱いシステム

  • シグニケア宅配(複数社の処方食・サプリメント対応)
  • ロイヤルカナンMシリーズ
  • ドクターズどうぶつ病院宅配便
  • サニメドオンライン
  • ピュリナプロプランベッツサポート

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、納得のいく治療法を選択することができるように、現在診療を受けている担当医とは違う獣医師に第2の意見を求めることです。動物の病状を最優先に考えれば、セカンドオピニオンを躊躇すべきではありませんし、獣医師にそれを拒む権利は無いと考えています。

  • 他院通院中に当院の意見をお求めになりたい場合には、各種検査結果、服用中の薬等をご持参のうえ診察内容や経過についてお聞かせ下さい。 中立の立場で見解をお伝えします。
  • インターネットでのセカンドオピニオンも承っております(オンライン相談) →詳細はコチラから
  • 当院通院中に他院の意見をお求めになりたい場合には遠慮なくご相談ください。可能な限り検査データ等をご用意いたします。

二次診療

診療に際して、より専門的かつ高度な技術や設備が必要と判断された動物に対しては、各種二次診療施設との連携が可能です。症状や状況に応じて最適な施設をコーディネートします。

主な紹介病院

  • 日本大学(藤沢市)
  • DVMsどうぶつ医療センター横浜(横浜市)
  • 日本動物高度医療センター川崎(川崎市)
  • 東京農工大学(府中市)
  • 日本小動物医療センター
  • 日本小動物がんセンター(所沢市)
  • 麻布大学(相模原市)
  • 東京大学(文京区)
  • 動物検診センターキャミック城南(世田谷区)
  • パル動物病院(裾野市)

診療時間

日・祝
9:00~
12:00
×
16:00~
19:00
× ×